knqyf263's blog

記憶力の悪いエンジニアが自分のためのメモとして残しておくためのブログ。

KVM環境でVMを作成

前回(KVM仮想環境構築 - knqyf263's blog)、KVMのHypervisorのセットアップまでやったので、今回は実際にVMを作成してみたいと思います。 virt-managerを使ってGUI操作するだけなので特に難しいところはないです。

環境

ホストOSは前回構築したDebian 7.3で、ゲストOSにUbuntu 13.10のサーバー版を入れてみたいと思います。

ホストOS:Debian 7.3(wheezy)
ホストOSのIPアドレス:192.168.122.1
ゲストOS:Ubuntu 13.10 server
ゲストOSのIPアドレス:192.168.122.11 ネットワーク:192.168.122.0/24

VM作成

virt-managerの起動

これは前回の記事の最後と同じ内容になります。 Macの場合は、XQuartzを予めインストールしておき、以下のようにします。

$ ssh -X <サーバIPアドレス>

sshでログインしたあと、そこで以下のコマンドを打ちます。

$ sudo XAUTHORITY=~/.Xauthority virt-manager

これでvirt-managerが起動されます。

VMのisoを置くためのディレクトリを作成

$ sudo mkdir /var/images

VMのisoをダウンロード

Ubuntu 13.10 serverをダウンロードします。

$ cd /var/images/
$ wget http://releases.ubuntu.com/saucy/ubuntu-13.10-server-amd64.iso

virt-managerからVMを作成

virt-managerの左上に「新規」というボタンがあるので、それをクリックし、流れに沿って進めて行けばインストールできます。isoには先程の/var/images内のisoを指定してください。 途中、必要なパッケージをインストールすることが可能なので、SSHなどを入れておけば最初からSSHを用いてログインできます。 インストールが終わったあと、「開く」ボタンを押すとコンソールをつかむことができるので、インストール時にIPアドレスの設定などをやり忘れた場合は、ここで行ってください。